UK-JAPAN 2008/イギリスの話題

『赤い靴:デジタルリマスター・エディション』

1948年アカデミー賞 劇映画音楽賞、美術監督・装置賞受賞
1948年ゴールデン・グローブ賞 作曲賞受賞

01_

02_1

03_2

赤い靴、ご存知ですか?

そう、新しい映画ではありません。
私もテレビで見たことがある、古い映画です。
巨匠マーティン・スコセッシ監修のもと、
2年の歳月をかけて完成したデジタルリマスター・エディション。
この夏の公開を前に試写会が行われました。
わたしも駐日英国大使館(※)のご招待で参加することができました。

※UK-JAPAN2008以来、
ramaramaも「UK広報ブログ」としてお世話になっております。


いつまでもどこまでも踊り続ける赤い靴の話。
赤い靴の踊り、くるくると軽やかで本当に魔法の靴を履いているよう。
私もあの靴があれば「雲か鳥か花のように」舞えるかな~
劇中劇(バレエ)の最後に拍手したかったです。
今みると手作り感満載の美術だけど、それがおとぎっぽくて良い。
登場人物がみんないきいきしている。ぼけーっとした人は出てこない。
しかしバレエにもおとぎにも興味のない男性は寝ちゃうかもね。

ところで試写会にうっかり黒い靴で来ちゃった私。
ピカピカのエナメルシューズは疲れ知らずで私を家まで歩かせる。
トコトコトコ!電車にもバスにも乗らせてはくれないのです!
幸い愛と芸術に引き裂かれる状況にはなく、
ラストに身投げもしないかわりに
犬ちゃんが転んでわんわんないているところを
帰宅した私が助けて、めでたしめでたし......
あ、これは個人的「黒い靴」のストーリーでした。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ストーリー

1950年3月1日、有楽座で1本の洋画が日本初公開された。アンデルセン童話「赤い靴」をベースに綴られる、バレエダンサーの悲劇。観たこともない映像世界は観客を魅了し、瞬く間に話題となった。映画は大ヒットし、56日間で33万人を動員。日本には空前のクラシックバレエ・ブームが起こり、街にはバレエ教室が次々と出現。靴業界では、“赤い靴”が流行した。

巨匠パウエル&プレスバーガーの『赤い靴』は、当時、世界に輝きを放っていた英国バレエ界の実力が映画芸術と見事に融合した不朽の傑作である。ヒロインに新進のプリマ、モイラ・シアラーを抜擢、2大ダンサーのロバート・ヘルプマンとレオニード・マシーンが振付し踊りも披露する。
撮影はテクニカラーの父ジャック・カーディフ。ブライアン・イースデルの音楽を、サー・トーマス・ビーチャムの指揮のもとロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団が演奏。約17分のバレエ「赤い靴」のシーンは、映像技術に革命を与え、その衝撃は今観ても全く色褪せることはない。

また、「白鳥の湖」「ジゼル」「奇妙な店」「コッペリア」「レ・シルフィード」といった古典バレエの名場面が惜しげもなくちりばめられているのも見どころのひとつだ。英国映画界だけでなく、バレエ、美術、音楽の分野からも最高のスタッフが結集した本作は、優れた本物の芸術を存分に堪能できる1本である。

(試写会招待メールより引用)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

『赤い靴:デジタルリマスター・エディション』

2011年7月2日(土)ユーロスペースほか全国順次公開
配給:株式会社デイライト、コミュニティシネマセンター

http://www.red-shoes.jpn.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

The King's Speech 英国王のスピーチ

駐日英国大使館広報部から映画ジャパンプレミアの
ご案内をいただきました。
抽選になるようです。あたるといいな~。

映画のタイトルは、
The King's Speech 英国王のスピーチです。

これはプレミアに行けなくても是非映画館で見たい!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロセッティ、モリス、バーン=ジョーンズ!

「ラファエル前派からウィリアム・モリスへ」展
-英国ヴィクトリア朝芸術の精華-

横須賀美術館で、12/26まで。

インターネット割引(100円引き)のクーポンあり。
しかしまあ、横須賀って、ちょっとした旅だわね...。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スウィンギン・ロンドン@埼玉近美

これは見に行きたい!

スウィンギン・ロンドン 50’s―60’s
ミニスカート・ロック・ベスパ―狂騒のポップカルチャー

何を見せてくれるのかしら。
わくわく♪

---

参考に。

・なにそれって方はwikiもどうぞ。

・読むのめんどくさい方には写真!
 SwingingLondon's photostreamでどうぞ。

・BIBAの本やCD、おすすめです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハンス・コパー展@汐留ミュージアム

ルーシー・リーがロンドンで一緒に活動していた
ハンス・コパーの展覧会が、週末にスタートしました。

「ハンス・コパー 20世紀陶芸の革新」
汐留ミュージアムで9/5まで。

昨日見に行った日本民藝館も老若男女で賑わっていたし、
おさら」展も開催中。陶芸ブーム?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Lucie Rie

用途のある小さいものにひかれる。

ハンスが二人登場するのね。
旦那さんとは亡命のときに別れている。
イギリスで出会ったほうのハンスとは一緒に制作し
アドバイスも取り入れ、とても信頼していたようです。


ルーシー・リー展@国立新美術館、6/21(月)まで!

過去ラマより:「工芸好きなら、是非!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

パディントンがいなくなった!

大英博物館の前に立っていたクマのパディントン。
前にグーグルストリートビューで見つけてご紹介したのを
覚えていらっしゃいますか?(こちらの記事

久しぶりに見たら、いなくなっていました!
こんどはどこに行ったのか?
パディントン駅に行ったのか、家に帰ったのか、
ペルーの老クマホームにいるおばさんに会いに行ったのか?
情報求む!

| | Comments (2) | TrackBack (1)

ブラングィン展@国立西洋美術館

...号外がつづきます。


今朝、西美に行ってきました。
見たのはフランク・ブラングィン展(~5/30まで開催中)

高嶺さん、Hayselさんと。
お二人とはUK-Japan2008のイベントで知り合いました。
なので、プチ同窓会ですね。こういう縁はうれしいです。
おふたり、ありがとう~

ブラングィンの名前は恥ずかしながらこの展覧会で知ったのですが、
展覧会サイトや展示室のキャプションをちょっと見るだけでも、
よく知る物事とつながりがあって、
何故いままで名前を知らなかったのか、不思議なほど...。
特に、モリスの工房での仕事、
ビングのお店「アール・ヌーヴォー」の仕事、
漆原由次郎(木虫)との仕事など、
このあたりの時代・流れについては勉強もしたし
それなりに知っているつもりでしたが、とほほのほ~ですね。
でもいいんです。新しいことを知れたから。

絵画、版画、建築デザイン、家具・カーペット・食器のデザインなど
仕事の幅はとても広く、また手がけた点数もとても多い人です。
ブラングィンの作品をこれだけまとめて見られる機会はそうないのでは。
(高嶺さんもそうおっしゃってましたね)
松方氏との関係などもよくわかる展示でした。
そして、案外すいていて見やすい(これ大事)ので、おすすめです。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

アガサ・クリスティ展

号外、ふたたび。

東京国際フォーラムの相田みつを美術館第2ホールで開催中。
(みつをとは別の展示室で、入口も別です。)

先日、高嶺さんとご一緒しました。
(東京国際フォーラムではちょうどアートフェア東京も開催中でしたが、
その日は上から眺める程度で、アートフェアは後日行きました。)

家族とアガサの映像だとか、彼女が使っていたタイプライターや
テープレコーダー(カセットが見たこともない形!)や
写真、衣装、手紙、ノートなどから、出生証明書まで...。
翻訳版の様々な表紙が見られたり。
ファンには面白い展示だと思います。
ぶらっと行くには、入場料がちょっと高いかな?

展示についてはTakさんのブログで詳しく紹介されています。
行くかどうか決めるのに大変参考になりました。
ありがとうございました~☆

ちょうと同じ頃にNHK BS2で
ミス・マープルのTVシリーズをやっていました。
私としてはこのシリーズより、
前によくやっていたシリーズのマープル役のほうが好みです。
ミス・マープルもポワロもTVで色々見ているけど、
実は本は数冊しか読んでいないんですよね。
今度買ってこよう。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

「17歳の肖像」

ramarama号外です!

きのう英国大使館のご招待で試写会に行ってきました。
映画、とてもよかったです。


17_2
「17歳の肖像」 ソニー・ピクチャーズ
4/17(土)TOHOシネマズ シャンテほか全国順次ロードショー
公式サイトはこちら


      *      *      *      *      *


あかぬけない女子高生。どうもこの子が主人公らしい。
あれ?ポスターの印象と違うな???

それもそのはず、このあと彼女は
「大人の」彼に出会って、その友人たちとあちこち出かけたりするなかで、
髪型、お化粧、着るもの、色々が変化していくのです。

変化するのは見た目だけではありません。
オックスフォード進学を目指して、
退屈な日々を「まあそんなものだ」とすごしていたのが、
世界にはキラキラした美しく楽しく魅力に溢れたものが待っていて
自分から動かなければ手に入らないと感じるように。
大学へ行っても、将来は女子校の教師?公務員?うんざり!
それなら学校なんかやめて、キラキラの世界へ...

この映画の好きなところは、
彼女を待ち構えるどんでんがえしが、
彼女を打ちのめさないこと。
一生をふいにしたりせず、ちゃんと自分の思う道に進むこと。
この辺は......詳しいことは書かないでおきます。見てのお楽しみ。

ニック・ホーンビィ脚本で60年代(初頭)が舞台というと、
当時の音楽やファッションが派手に盛り込まれて
おもちゃ箱みたいなにぎやかな映画を想像したけれど、
またちょっと違う感じです。
フランス文化にあこがれる女子高生が
突然リッチな大人の世界を体験する中で、
たとえばオークションハウスでバーンジョーンズに入札したり、
ナイトクラブで踊ったり、パリへ旅行したり。
もちろん、恋愛そのものもほとんどはじめて。
見ているほうもわくわくドキドキさせられます。

公式サイトにあるキャッチコピー
「あの頃に戻っても、私は私を止めたりしない」
ほんとです。私もあなたを止めません!


乞うご期待!

| | Comments (2) | TrackBack (0)