書籍・雑誌

最近のあれこれ。

あーこんなの見たんだった、と思い出す。
面白いのもあり、いまいちなのもあり。


6月
ゲンズブールと女たち@ル・シネマ
土岐麻子etc謎のイベント@ShibuyaAX
Tahiti80@恵比寿リキッドルーム
クレー@東京国立近代美術館

7月
フレンチ・ウィンドウ展@森美術館
名和晃平展、フレデリック・バック展@東京都現代美術館
皇帝の愛したガラス@東京都庭園美術館
グローバルニューアート@損保ジャパン東郷青児美術館
アートフェア東京@東京国際フォーラム
游庵

8月
ABST展@トキ・アートスペース
日本画どうぶつえん@山種美術館
ワシントンナショナルギャラリー展@国立新美術館

9月
ミシェル・ルグラン@ブルーノート東京
モーリス・ドニ展@損保ジャパン
イケムラレイコ展@東京国立近代美術館
横浜トリエンナーレ
銀座画廊めぐり
Nocturnes by Kazuo Ishiguro

10月
幸せパズル@TOHOシネマズシャンテ
Ties Over Time@アメリカ大使公邸


映画や展覧会は過去の予定表でわかるけど、
本は何読んでたか忘れちゃうなあ。
そういえば本棚の古い文庫で坊ちゃんと我輩は猫であるを読んだ。
あと人に貸したりあげたりする用に、Amazonで中古の
「レムラインさんの超能力」を買った。名作なのに絶版!きー!


それと、ペトゥルーシカきゃんこはまあまあ元気です。
三日ぐらいろくに食べないかと思えば、突然がつがつ食べたり、
立ったり歩いたりできないけど、寝たままどたついたり、
いろいろと年をとったことで変わったけど、
どーにもこーにもかわいいのは変わりませんね。
きゃっほう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

最近のあれこれ。

自分が何を見たか忘れちゃうので、まとめてメモ。

1月
漢方ミュージアム
恋する宇宙(iTunes Storeレンタル)
WE DON'T CAER ABOUT MUSIC ANYWAY @ユーロスペース
曽根裕 Perfect Moment @東京オペラシティアートギャラリー


2月
TOKYO No.1 SOUL SET「全て光」@O-EAST
ソウルキッチン@シネマライズ
食べて、祈って、恋をして(iTunes Storeレンタル)
はりねずみの森
トスカーナの贋作@ユーロスペース

3月
MAD JAM@AIT
Dialogue in the dark
わたしを離さないで@ル・シネマ
Never Let Me Go by Kazuo Ishiguro

4月
ニューカマーズ・ヴュー ~イミグレーション・ミュージアム東京にむけて~@小金井アートスポットシャトー2F
斉藤和義@Ustream
Somewhere@新宿ピカデリー
グーグーだって猫である空中庭園(iTunes Storeレンタル)
道との遭遇@水上音楽堂
Les Romanesques@SARAVAH TOKYO
ホンマタカシ ニュー・ドキュメンタリー@東京オペラシティアートギャラリー

5月
キッズオールライト@シネクイント
カンザスシティバンド@SARAVAH TOKYO
落語@鈴本演芸場
英国王のスピーチ@六本木
わたし出すわプライドと偏見(iTunes Storeレンタル)
デミセミクエーバー、ロマネスク@440
赤い靴@ユーロスペース

レンタルはもっとしているはずだけど、思い出した分だけ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アガサ・クリスティ展

号外、ふたたび。

東京国際フォーラムの相田みつを美術館第2ホールで開催中。
(みつをとは別の展示室で、入口も別です。)

先日、高嶺さんとご一緒しました。
(東京国際フォーラムではちょうどアートフェア東京も開催中でしたが、
その日は上から眺める程度で、アートフェアは後日行きました。)

家族とアガサの映像だとか、彼女が使っていたタイプライターや
テープレコーダー(カセットが見たこともない形!)や
写真、衣装、手紙、ノートなどから、出生証明書まで...。
翻訳版の様々な表紙が見られたり。
ファンには面白い展示だと思います。
ぶらっと行くには、入場料がちょっと高いかな?

展示についてはTakさんのブログで詳しく紹介されています。
行くかどうか決めるのに大変参考になりました。
ありがとうございました~☆

ちょうと同じ頃にNHK BS2で
ミス・マープルのTVシリーズをやっていました。
私としてはこのシリーズより、
前によくやっていたシリーズのマープル役のほうが好みです。
ミス・マープルもポワロもTVで色々見ているけど、
実は本は数冊しか読んでいないんですよね。
今度買ってこよう。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

読んでいないわけでは、ない。

なんとなく、ブログに書かなくなっていましたが。

たとえば登場人物が大泣きしていても、文章が冷静。
そしてこまかいことが、これまた冷静に書いてある。
この人の本は「停電の夜に」もよかったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

富士日記

いま、読んでいる本。

もう新潮文庫に読みたいものがみつからない。
よって、Yondaにこだわらず、他の出版社の本を選ぶ。
本当は、物を増やさないために、
図書館を利用したらいいと思うのだけど、
図書館の文庫本は汚いのでいやだ。
それで、結局あんまり本を読んでいなかった。

今日読んだところで、特に気に入ったところ。
「お金持ちの親戚と春の夕方は、くれそうでくれないんだって。
ラジオでいってたぜ。」(武田百合子「富士日記」より)
ここんちのだんなさん、おっちゃめぇ!

それと、犬のポコの毛をすいて、まるめたものをおいておくと、
四十雀がつまんでもっていき、巣の材料にする、というところ。
きゃんこも山に行くと、四十雀に抜け毛を分けてあげます。
おんなじね。ポコってどんな犬かしら。

この日記は、百合子さんがメインだけど、
時々夫の武田泰淳や娘の花ちゃんの文章がまじり、
どれもとてもよい。上、中、下巻と三冊もあります。


さて、話は変わり、きゃんこジャーナル。

昨夜おそく、寝る前に短い散歩へ行こうと思ったら、
きゃんこはよろよろして、その割りに強い力で左へ左へ行こうとする。
左脚が痛いのかと思って、後ろから見ようとしたら、
左左左で、ぐるっとまわってふたり向き合ってしまう。あれ?
なんだかわけがわからずふたりで家の前でどたばたして、
しりもちついたりして帰ってきました。

見たり聞いたりした老犬の症状を思い出して、
昨日は遅くまできゃんこが寝ているのを見ていた。
朝になったら病院へ行かなくちゃ。

今朝起きたら、きゃこはぴんぴんしていて、
家族にいくら具合が悪かったと話しても説得力無し。
しかし、主張を通し、ぴかぴかの車を毛まみれにして通院する。

父は起きたら居間にきゃこがいて、ねずみが出たかと思ったそうだ。
(きゃこがねずみにみえたのではなく、
ガレージにねずみでも出て、家に避難させたのかと思った。)

前庭疾患を心配し、病院では、念のため耳洗浄をする。
きゃこはぶるぶるをして、耳垢まみれの水や綿棒などをふきとばす。
この程度の耳垢はたいしたことない、問題ない、といわれる。
ついでにこの前忘れた爪切りもしてもらう。
手の親指(くるっと巻いてしまうので)だけのつもりが、全部切ってもらう。
きゃこは暴れて、私は毛まみれの汗だく。
犬によっては足にも親指がある。きゃこはない。
フロントラインもらい、帰る。

......なんだか、ただ足がしびれていただけのような気もしてきた。
今はきゃんこは元気なので、安心して、私はとても眠いです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アムリタ

よしもとさんが吉本さんだったころの本ですが、
最近読みました。

家にいろんな人がいるかんじとか、
大変な事態なのに案外のんきなかんじとか、
話が通じたり通じなかったりするかんじが、
とてもよかった。漠然とした感想。

...ところで。

このブログの右側にある「ラマラマ文庫」は、
ココログのマイリスト・本という便利な機能を使っています。
これは本のタイトルで検索しISBNを調べ、入力すると、
自動的に画像・著者・タイトルなどの書籍情報が表示されるというもの。

ところが最近、マイリスト・本からリンクする先の本屋さんが、
@niftyBOOKSからアマゾンに変更になってからというもの、
使い方は変わらないはずなのですが、
ISBNを入力しても、情報が自動表示されません。
しかも以前に書いた分も、bk1へ飛んでくれなくなりました (>_<)
これはココログのエラーなのでしょうか?

アフィリエイトで独立できるほど稼ぐ人が話題にもなりましたが、
大半の利用者は、紹介料を期待しているわけではないと思う。
本やCDの画像とか情報を、自分のサイトやブログに
簡単に表示できるので使っているのでは?私はそうなんですが。

わざわざ別のサービスに個人情報を登録したうえに、
うまく表示されないんでは、なんだか納得がいかない (-_-)

とりあえずこうして本文にリンクを貼り付ける方法に戻ります。

もんくたらたらで失礼しました。

※過去の書評の一部はこちら(bk1)でご覧いただけます。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Yonda?ピンバッチがざっくざく

日々の泡
ボリス・ヴィアン〔著〕 / 曾根 元吉訳


ヨーロッパ退屈日記

| | Comments (0) | TrackBack (0)

冬休みの読書メモ

ヽ(´ー`)ノ一応感想も書いておこうと、おもいたつ。

ほんとうの話
曽野 綾子著

ヽ(´ー`)ノ人間は不完全な生き物であるから、人間同士で優劣を競ってたとえ勝っても、ひとたび神の前に立てば、どいつもこいつも不完全であることには変わりなく...云々。自称「あやしげなキリスト者」の曽野さんのこの考え方は結構気に入った。完璧主義が良いことのように言われ、100%、120%どころか、 200%力を出して頑張ることが良しとされ、短所は改め長所を伸ばし、とにかく前向きに向上心を持って何事にも挑むような人が、偉いと言われる世の中。でも、いくら頑張っても出来ないことはある。というより、出来ないことのほうが出来ることより多いに決まっている。基本的には「明るく元気に一生懸命」は大変宜しいとは思うが、自分の無力さを認めると、ちょっとゆっくりできることもある。

肩ごしの恋人

唯川 恵著

ヽ(´ー`)ノちゃらちゃらした恋愛もので、軽く読めるけど、うっかり考えさせられたりして、ちょっと笑える。恋愛小説は一般的に女子が好むジャンルと思われるが、わたしもふつうに女子だなーと思う。

西の魔女が死んだ
梨木 香歩著

ヽ(´ー`)ノ江國香織がエッセイの中で紹介しているのを読んだ日に、本屋でみかけたので買ってみた。子供の本だと思うが、最後は不覚にも目から水が出ました。魔女のメッセージ。登場人物がイギリスのことを「英国」といっているのが、なんか変だった。

泣かない子供
江国 香織〔著〕
泣く大人
江国 香織〔著〕

ヽ(´ー`)ノ冬休み前に江國さんの小説を2冊読んでいて、勢いでエッセイも2冊。妹のことを書いた文が、特にとても良い。

私の百人一首
白洲 正子著

ヽ(´ー`)ノこれはまだ読み途中。小学校のとき百人一首クラブに入っていたけど、こどものあたしは歌を実生活に取り入れられなかったので、全部忘れたな。

夕顔
白洲 正子著

ヽ(´ー`)ノ白洲正子の本は随分読んだ。かっこいいおばあさん!なんか流行っていたらしいが、知らずに読んだ。老いても好奇心を持ち続けるって、かなりエネルギーのいること。白洲夫妻のお墓の写真がのっていて、これがちょっとキュートである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

読書の秋

泣きたい気分
アンナ・ガヴァルダ〔著〕 / 飛幡 祐規訳

スパゲッティになりたい
おいかわ けんじ〔作〕 / たけうち まゆこ〔作〕

思いつき大百科辞典
100%Orange編

| | Comments (0) | TrackBack (0)

読み途中

停電の夜に
ジュンパ・ラヒリ〔著〕 / 小川 高義訳

Carver’s dozen
レイモンド・カーヴァー著 / 村上 春樹編訳

犬の人生
マーク・ストランド著 / 村上 春樹訳

ロアルド・ダールコレクション 2
ロアルド・ダール著 / クェンティン・ブレイク絵

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)