« 抜糸、そしてトライフル。 | Main | 良いお年を »

毛包膿胞

先ほど獣医さんから電話。
ペトゥルーシカの腫瘍の検査結果が出たようです。
電話に出たのが私じゃなかったので、伝え聞いた話。

胸のは、良性の腫瘍でした。
わき腹のは、良性の「もうほうのうほう」だって。

...もうほうのうほう?ウーパールーパー?
検索してもあんまり詳しい情報が無いけど、
たぶん「毛包膿胞」かな。

(毛穴の炎症みたいなもの。ずばりの名前でヒットしないので、他の名称があるのかも。)

ひとまず良性ということはうれしいのだけど、
この後様子をみるだけでいいのか、
積極的な予防策として乳腺を全部とるか...。
悪性だったら迷わず取るつもりだったけど。
担当医は先日、良性だったら様子を見たら、と言っていた。
年齢不詳で獣医には「老犬」扱いされているきゃんこ。
これまでも色々な手術を受けてきたきゃんこ。
緊急でない大きな手術は、出来れば受けさせたくない。
でも、何年か後にまた腫瘍ができて、それが悪性だったら?
更に老犬になったきゃんこに、手術の負担はより大きくなるはず。
自分のことだったらどうするかなー。迷います。

きゃんこや、おまえちゃんは、ひとをなやますわね!

|

« 抜糸、そしてトライフル。 | Main | 良いお年を »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174239/13222707

Listed below are links to weblogs that reference 毛包膿胞:

« 抜糸、そしてトライフル。 | Main | 良いお年を »